Ribbon_Braun02

「老人ホームへの入居」 迷っていませんか?

一人暮らし、夫婦だけの暮らしをしていると、将来の介護とか病気になったらどうなる?
と不安に思う事は多いですよね。あなたも、「近所の方が病気になった」、「老人ホームに入居された」と聞くたびに老人ホームへの入居を思い悩み、資料請求とか見学とかされているのではないでしょうか?

その老人ホームを考えた結果はいかがでしたか?
nayami

見学に行っても実感が湧かない・・・

子供に勧められると反発してしまう・・・

家にペルパーさんに来てもらえば充分・・・

やはり家を出る事は考えられない・・・

と、結局 入居検討を諦めたり、中途半端にしてしまっている方も多いのではないでしょうか・・・

ゆうゆう壱番館で暮らすという選択

ゆうゆう壱番館は あなたの自宅です。

私たちは入居者の方を家族と思って日々接しています。

「そんな事言っても言葉だけだろう?」と思われるかもしれません。
確かに難しい面もあります、でもこの意識があなたの住み心地を良くしている面もあるのです。

私達は過度に、あなたをお客様扱いする事はありません、そういう意味でサービス悪い?愛想悪い?と思われる一面もあるでしょう。
でもちょっと体調悪い?困った事が発生した?というような場面では、親身に対応します。
いい意味で、気兼ねない付き合いをしていく事が当館の一つのポリシーであります。

勿論、それは充実した介護体制、看護体制や食事といった面で安心できる事。更に温泉や農園等の楽しみを共有できる入居者の方の協力あってのものです。

当館に興味を持って頂いた方、ご家族の方は資料請求だけでなく、できれば見学にご来館頂きたいですね。

資料請求、見学申し込みはコチラ
toppage01

ゆうゆう壱番館が選ばれる理由とは

自由で不安のない空間
ある程度の広さの居室を、生涯使って頂くという考え方は、まさしく「自宅」です。その自宅にはレストランや温泉浴場、体験農園など快適な空間と繋がっています。

選べる居室6タイプ
A、B、Cタイプはマンションタイプで広めに設定した居室です。ある程度の荷物を持っての引っ越し可能でゆったり過せます。
D、E、Fタイプは個室タイプで、お世話に適した居室です。介護・療養生活を安心して過して頂けます。

終の棲家
24時間体制の介護スタッフや看護チームに加え、自分の家に暮らしている、という気持ちを持ってもらうよう日頃から取り組んでいます。快適な住環境と気軽な付き合いのスタッフとの関係が病気や介護状態になっても安心という気持ちのゆとりに繋がります。

認知症予防
本人だけでなく、ご家族も心配の認知症。認知症の予防は将来の不安解消と直結します。当館の学習療法や脳の健康教室に遊び感覚でご参加ください。

健康だけじゃない、抱える不安の解消
高齢者の抱える悩みは健康面だけではありません。資産や家族の課題も多いです。(遺言や死後の事務処理、遺品整理、後見制度など)にも親身になって対応しております。

ゆうゆう壱番館に入居された方の声をお聞きください。

「ゆうゆう壱番館よなご」に入居を決めた理由は?

IMG_0632
ずっと大阪で働いていましたが、夫が亡くなり子供がいない事から、普通のマンションにはいると全て一人でしなければならず、いざという時に困ります。ここなら24時間体制で面倒を見て貰え、医者の治療や介護が居ながらにして受けられます。食事の心配もなく、毎日温泉が楽しめます。ほぼ希望通りの条件が揃っていたので入居を決めました。

入居した感想は?

新しい環境に順応できるだろうか、と不安もありましたが、入ってみると気持ちに余裕ができ、満足しています。他の入居者の方も入居当時と比べて若々しく、はつらつとしています。

どのように過ごしていますか?

束縛されず、自由気ままに自分のしたい事をして過ごしています。日野川の土手から皆生温泉の海岸をウォーキングするのが日課となっています。大山の眺めもよく周囲の環境は申し分ないですね。 手芸、ピアノを余裕を持って楽しむ事ができるようになりました。

今後の目標を教えて下さい。

その日を楽しく、健康で過ごすのが目標です。

ゆうゆう壱番館で暮らす事を選択されれば…

その決断で解消される不安が確かにあります。

新しい自宅、同世代の方と共に暮らす安心感。

病気になったら どうしようという不安からの開放。

介護不安が解消され、精神的に安定します。

一人暮らしの孤独を解消するきっかけになります。

将来設計を実行する契機となります。


想像してみてください。

新たなホームに自宅を構えて、所謂「終の棲家」として暮らし始める姿を・・

病気・介護の手伝いをする私たちスタッフ、同じ年代のご入居者もおられる中で新しい交流のスタートです。

ある程度不安を解消したリラックスできる環境の生活は

不安と一緒に生活するより、楽しい生活になる予感がしませんか?

※ご両親の為にホームを検討するという場合でも是非見学してみてください。
パンフレットやホームページで情報はある程度確認できますが、実際の雰囲気は伝わりません。
所謂「肌に合う」かどうか確認して欲しいのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ