鳥取大学医学部学生さん、体験・ボランティア

こんにちは。

鳥取県米子市にあります、ゆうゆう壱番館よなごです。

 

もうすぐ6月ですね。

山陰地方は珍しく晴れの日が続いております。

 

雨が多い山陰地方

晴れの日が続くと心晴れやかで

入居者の皆様も心なしか嬉しそうに見えます。

 

さて先日、米子市内にあります鳥取大学医学部より

一日体験ボランティアの受け入れをさせていただきました。

体験に来られたのは

医学部医学科1年次の学生さん2名。

お二人ともこの4月に大学に

入学したばかりのフレッシュな学生さんです。

 

この日は

・くもん学習体験

・昼食配下膳の補助

・当館の説明・館内見学

・シニアスクール補助、入居者様とのふれあい

などの体験をしていただきました。

昼食の配膳、下膳業務中にお邪魔し

写真を撮らせていただきました。

緊張しながらもテキパキと作業するお二人。

お二人の頑張っている姿に

入居者の皆さんも自然と笑みが出ていました。

 

1日の業務を終えられた後、

お二人に少しだけ今回の体験の感想をお聞きしました。

 

「施設内の部屋や設備が充実している。環境が良い。」

「住居と介護が一体となって安心して生活できる施設と感じた。」

「人と人との距離が近かった。」

など入居者様の生活ぶりや館内の様子が印象的だったようです。

 

最後は今回の体験を統括した当館施設長より

「想像以上にお二人ともよく頑張っていただきました。

ありがとうございました。」

と声掛けがあり今回の体験を締めくくりました。

 

お二人には大学に帰られてから

今回の体験・学びを医療の現場でも

活かしていただけると私たちも嬉しく思います。

 

今回のような取り組みが今後も続いていきますよう

私達も介護を通して地域医療に貢献してまいります。

 

医療現場の皆様には今まで以上に

お世話になることがあるかもしれません。

さらに連携を深めていければと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ