菖蒲湯で邪気払い

こんにちは
鳥取県米子市にあります、ゆうゆう壱番館よなごです。

6月になりそろそろ梅雨入りが気になる時期となりました。
この時期ゆうゆう壱番館よなごでは館内の温泉で菖蒲湯をします。

菖蒲湯は端午の節句の日に合わせた行事ですが、
ゆうゆう壱番館よなごのある米子市周辺では
昔から月遅れで行う風習があります。
当館では今年は6月4日~5日の二日間菖蒲湯を楽しみました。

菖蒲はヨモギも合わせて束にし、
まずは玄関先に菖蒲を飾って厄除けを願います。
本来は軒に吊るして邪悪なものが入ってくることを防ぐとされるそうです。

16時前、入浴時間前に温泉へ移動し菖蒲を投入。
菖蒲を熱い湯に浸けると爽やかな香りが一瞬で浴場内に漂い始めました。
香りだけでもリラックス効果がありますね。

菖蒲湯にはリラックス、疲労回復効果、
血行促進、冷え性改善効果、保湿効果などがあるとされています。
これで入居者の皆様も元気に梅雨を乗り越えてほしいと思います。

入浴後に感想を聞くと
「いい香りだった」
「温まった」
など皆様に満足していただけたようで良かったです。

ゆうゆう壱番館よなごでは
入居者の皆様に喜んでいただけるように
季節ごとにいろいろなイベントを実施しております。

日常の中で少しでも楽しみを
見つけていただけるよう職員も
いろいろ企画を考えております。

また新しいイベントがありましたら
こちらでご報告させていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ